D&I(Diversity and Inclusion)

ダイバーシティ&
インクルージョンの
実現に向けて

三井金属の考えるダイバーシティ&インクルージョン

企業経営を取り巻く環境が大きく変化する 「VUCA」 の時代において、変化に柔軟に対応していくためには、多様な価値観を持った人材の活躍が必要です。
三井金属グループでは、人種・国籍・宗教・信条・文化・出身地・ 障がいの有無・性別・性的指向・性自認などの属性の多様性を活かすだけではなく、様々な価値観を持つ従業員がお互いを尊重し、それぞれの考えや経験を活かして働くことができる組織、つまりダイバーシティ&インクルージョンが実現された組織を目指しています。

ライフステージに
合わせた支援

育児・介護支援制度

制度について

出産・育児・介護など、社員のライフステージ・家庭の事情に合わせて働くことのできる制度を整えており、多くの社員が制度を利用して活躍しています。
育児・介護休業、子の看護休暇、介護休暇の他、時短勤務やフレックス勤務を活用し、安心して仕事と家庭を両立することができます。

ライフイベントに応じた各種支援制度

出産
産前産後休暇
出産育児一時金
結婚祝金
配偶者の出産看護休暇(2日まで有給)
育児
育児休業
育児休業給付金
子の看護休暇(年5日/子ども1人、最大10日まで有給)
短時間勤務(小学校6年生まで)
フレックス勤務
介護
介護休業給付金
介護休暇(年5日/家族1人、最大10日まで有給)
短時間勤務
フレックス勤務

カムバック制度

制度について

妊娠・出産・育児・介護・配偶者の転勤などのやむを得ない理由で退職した方が、退職後5年以内に復職できる制度です。テレワークを活用しても業務継続が困難な場合に利用可能です。
慣れ親しんだ環境に安心して復職できる本制度を活用することで、ライフステージに合わせた柔軟な生活設計や、当社での継続的なキャリア形成が可能となります。

配偶者転勤に伴う休職制度

制度について

配偶者の転勤に帯同し、継続して勤務することが難しくなった場合に休職することができる制度で、最大3年間の休職をすることができます。テレワークを活用しても業務継続が困難な場合に利用可能です。
配偶者の転勤時に休職することを選択可能とすることで、柔軟な生活設計や、退職することなく当社での継続的なキャリア形成が可能となります。

制度利用者の声

夫の転勤先に付いて行くとなると業務継続は難しいため、休職制度を活用することにしました。制度を知ったときは自分が利用することは想像していませんでしたが、ライフイベントを考えるとこの先何があるか分からないので、良い制度だなと感じています。

テレワーク

制度について

仕事と家庭の両立支援、柔軟な働き方の実現を目的としてテレワーク制度を導入しています。テレワークの使用日数制限はなく、社員のライフスタイルに合わせて柔軟に勤務場所を選択することが可能です。

制度利用者の声

通勤・帰宅にかかる時間もなくなり、家族との会話量が増えて絆が深まりました。業務上のコミュニケーションについても各種ツールを使うことで円滑に進められています。

三井金属の取り組み

実力主義の人材マネジメント

職務・役割基準の人事制度に改定し、年齢や性別など個人の属性にかかわらない実力重視の適材適所の実現を図ります。

キャリア開発支援

一人ひとりの社員が会社と共にキャリアをデザインし、その実現と実現に向けた社員の成長を会社が支援する取り組みを行っていきます。

活躍を支援する研修制度

三井金属ではありたい人材像(未来志向、お客様視点、グローバル、協働、スピード、やり遂げる)実現に向けて、業務を通したOJTによる人材育成・能力開発を重視しています。またOJTを支える、それぞれのキャリアステージに必要な知識・スキルを習得するための階層別研修や、専門性を強化する研修など、社員の成長を支援する様々な研修制度を備えています。

ダイバーシティ研修

アンコンシャスバイアス研修を導入し、ダイバーシティ推進の基盤となる「モノの見方の違いを尊重する風土」を醸成しています。また、男女共同参画やナショナルスタッフの活躍につながる研修についても整備を進めています。