Career support

研修制度・社内公募制度

研修制度・社内公募制度

研修制度

当社では様々な研修制度を導入しています。ここでは新卒社員の入社3年目までの研修・支援制度を紹介します。
入社した社員の皆さんは、それぞれの実習先で実務を通じて業務のやり方を学ぶとともに、各年の研修を通じて、実務だけでは学ぶことのできないビジネスパーソンの基本を学びます。
また、実務の際にもブラザー・シスター制度による身近な先輩社員による支援を受けることができ、着実に基礎固めを行うことができます。

ブラザー・シスター制度

必ずしも上司とは限らず、年の近い先輩社員が務めることもあります。後輩社員の相談役、指導役として社会人1年目の不安を解消する強い味方です。

新入社員から

2021年入社 技術系

先輩が私の業務を見守り、足りない部分を指導してくれるおかけで、失敗を恐れず新しいことにどんどん挑戦してみようと思えます。
指導を通じて、技術者としての広い視野や原理原則に基づくアプローチができるようなってきました。

先輩社員から

2013年入社 技術系

新入社員の何事にも前向きに取り組む姿勢が素晴らしいと感じています。失敗(チャレンジ)推奨!どんどん新しいことに挑戦して知識、経験を増やしてほしいと思います。
また、一緒に仕事をすることで、多様な価値観に触れる良い機会になっています。各人が個性を活かして輝ける職場を作っていきたいと考えています。

新入社員から

2021年入社 事務系

先輩社員は私のどんな些細な質問にも答えてくださり、非常に心強いです。また、年次が近いからこそ、業務以外のことでも気軽に相談できます。
この制度を通じて、社会人としてのマナーが着実に身に付いてきていると実感しています。

先輩社員から

2018年入社 事務系

意欲的に業務に取り組み、また質問してくれる姿に私自身日々励まされています。また、指導によりアウトプットの機会が増加することで、自分の成長につながっています。
普段理解しているつもりのことも、説明を行う上では本質的な理解が必要となるため、知識の向上や整理を行う良い機会にもなっています。

社内公募制度

この制度は、既存の人材配置の在り方にとらわれず、組織に必要な経験やスキルを持った人材を発掘し、事業を成功に導くこと。社員本人の希望を取り入れ組織に内の活性化を図ることを目的として、2006年に制定され、2015年に大幅改訂を実施しました。

時代に応じて制度の見直しを行ってきたことで、部門の垣根を越えた人的交流や、自分の意志での新しい仕事へチャレンジしていく仕組みとして社内に根付き始めています。

かねてより携わりたいと思っていた人材育成の業務ができるチャンスだと考えたため応募しました。
社内公募制度という主体的なキャリア選びの制度を利用したことは、自分のキャリアを見つめ直す良い機会にもなったと感じています。

2021年制度利用 事務系

資源循環を意識した製品設計に挑戦したいと考え、本制度を利用しました。新たな領域に挑戦したことで、技術以外の要素も考える機会が増え、視野が広くなりました。また、本制度は要求能力が明示されており、現在の自分が持つスキルを整理する機会にもなりました。

2021年制度利用 技術系