Work & People

資源系職種について

資源系技術職の3つの職種

資源系には、探査、採鉱、選鉱の3職種があります。

探査:鉱石を探します。

露頭やボーリング・コアといった限られた情報を用いて地下に存在する見えない鉱石をモデル化し、鉱量・品位という、開発や長期安定操業に最も重要な情報を提供する。

採鉱:鉱石を掘り出します。

超実物大の3Dパズルを解くが如く鉱体に坑道をアクセスし、安全かつ安定的・効率的に鉱石を可能な限り残さず掘る。

選鉱:掘った鉱石から有価鉱物を濃縮します。

ミクロの鉱物粒度を見極め効率的に鉱石を破砕・磨鉱し、泡を制御し界面活性によって、有価鉱物を最大限に分離・回収する。

個人の技術もさることながら、大勢の人と協働するのでマネージメントスキルも重要です。

資源事業の魅力とこれから

資源事業部長 木村 信彦

自然から獲物(鉱石)を得ることからくる“大漁”という本能的な満足感、地球を相手にしている迫力とダイナミックさは他にない資源事業の魅力です。そして対象の条件が一定ではなく、地中という見えない環境であるという困難さを知恵と創意工夫で解決するのは大きなやりがいと言えます。 鉱山開発・操業は環境にダメージを与える宿命にありますが、将来的にも鉱石原料は絶対に必要です。だからこそ、私たちは環境への負荷を少なくし、責任ある鉱山開発・操業を行うべきと考えます。
そのために、これまで培ってきた環境保全技術や住民支援の形を洗練・発展させ、取組中の案件に活かし、次世代の人々が安心できる、“地球を笑顔にする”資源の確保を実現していきます。
【写真:20年前の事業部長(前列左から3人目)】

社員メッセージ

金属事業本部 資源事業部 探査担当

2014年入社 理学系研究科 地球惑星科学専攻

⼊社の理由

大学時代に熱水鉱床について研究しており資源開発の仕事に興味があった。海外の鉱山開発で成功を収めた実績に魅力を感じ、入社を決めた。

現在の仕事

海外・日本国内における新規探鉱の情報収集や評価を担当している。有望な案件があれば実際に現地を訪れ、調査している。

有望な鉱床の探査が私のミッションです。操業しているペルー・ワンサラ鉱山やパルカ鉱山の次につながる鉱山の発見を目指しています。鉱山開発に成功すれば、人々の暮らしに不可欠な非鉄金属の安定供給につながります。鉱物資源が豊富な海外地域を中心に有望な鉱床を見い出すべく、情報収集を進めています。鉱山になるものは、1,000の案件を調査しても3以下と言われるほど難しい世界です。情報収集・簡易的な評価の段階で大部分の可能性が消滅し、現地調査の段階へ進捗しても、有望と判断されて探査ボーリング(岩盤に孔を掘って試料を採取する調査)まで至る案件は一握りです。
根気のいる仕事ですが、様々な地域の地質関連の資料を読んだり衛星写真を解析したりと、知的好奇心を刺激されてとても面白いです。もし経済性のある鉱床が見つかれば、今後何十年にわたる鉱山開発・操業につながるため、やりがいがあります。

探査技術者には、鉱石の鑑定力や地質情報の解読力、統計的な解析力などが必要です。
ペルー・ワンサラ鉱山とパルカ鉱山で3年間、探査を経験し、それらのスキルを身に付けることができました。
ワンサラ鉱山は50年以上操業している鉱山ですが、鉱石の所在が未知のエリアも存在しています。そこで、ペルー人スタッフと議論を重ねながらボーリング計画を立案しました。情報が少なく、地質モデルを構築するまでに半年以上かかったエリアもありました。実際にボーリング調査で得られたコア試料を鑑定・分析し、狙い通りに金属(銅・鉛・亜鉛・銀)を豊富に含む鉱石を見つけたときは、苦労してきたスタッフたちと一緒になって喜びました。

ペルーで操業中のワンサラ鉱山とパルカ鉱山は自社議決権100%のため、日本人技術者が立案したことを実現しやすい環境にありますが、異文化の中、日本人の感覚で予定を立てると業務の進捗に支障をきたすなど苦労することもありました。20代のうちからワンサラ鉱山内の新規エリアへの探鉱プロジェクトに主体的に携われた経験は、技術者としての専門性だけでなく、将来ジェネラリストを目指す上で必要なマネジメント力や精神力、問題解決能力の向上にも役立ちました。
また、資源を見つける探査の仕事は「単に金属量が豊富な鉱石を大量に探し出せばいい」というものではありません。鉱体の形状や分布の正確な把握も採鉱にとっては重要であり、不純物が多く含まれると選鉱で処理しにくく回収率も下がってしまいます。後工程を考えて調査する大切さも学ぶことができました。

新規探鉱においては、現在ペルー国内で評価を進めている案件以外にも、それに続くようなポテンシャルを持つ有望な案件を見い出すことが目下の目標です。同時に、2050年のカーボンニュートラル実現も会社としての大きなミッションであるため、資源開発の環境負荷低減についても、目標達成に向けて貢献していきたいです。

キャリアパス

⼊社1年⽬
神岡鉱業 鉱山部(実習)
探査、採鉱、設備など鉱山業務全般の実習を行う。3か月間、ペルーで語学学校に通いスペイン語を学んだ。
入社2年目
奥会津地熱 生産部
地熱発電所へ供給する地熱蒸気の生産管理や設備管理に従事した。
入社4年目
ペルー・サンタルイサ鉱業
鉱山技術室 探査担当
鉱山に9日間滞在し勤務×5日間の休日のサイクルで、鉱石の探査、品位管理を担当した。

サンタルイサ鉱業株式会社 鉱山技術室 採鉱担当

2013年入社 工学府 地球資源システム工学専攻

⼊社の理由

大学では資源開発分野の研究をしており、海外の鉱山で働きたいと考えていた。ペルーに自社操業の鉱山を所有している点が魅力だった。

現在の仕事

ペルーのワンサラ鉱山とパルカ鉱山の採鉱課の計画立案、操業管理やコスト管理を担当している。コロナ禍では、感染防止対策を施した上での鉱山現場勤務とリマ市内の社宅からのリモートワークを繰り返している。

ワンサラ鉱山とパルカ鉱山から採掘する鉱石の質を維持しつつ採掘量を達成することが採鉱担当の私の職務です。例えば、ワンサラ鉱山では南北約3,500m、上下方向約800mに及ぶ坑内を3次元的に把握し、採掘計画を立案し日々の操業管理を行っています。
探査課や技術課と協働し、メイン坑道や各掘場へのアプローチ坑道をどう設計し掘削するか、どのような採鉱法を適用するかなど、環境安全最優先で、効率的に鉱石を採掘できる方法を立案し、協議した上で実行しています。
鉱山現場勤務時は毎日ペルー人の採鉱課長やスタッフたちと一緒に坑内を巡視し、採掘に伴い日々変化する岩盤状態を確認しつつ安全管理および操業管理をしています。
リモートワーク中もスペイン語を用いてビデオ会議や電話で、日々の現場の状況を共有し、課題を解決しています。

探査課のボーリング調査により鉱石の分布を3次元的に把握できてはいますが、不確実な部分もあります。採鉱課ではそのような地下の鉱床を対象として、採掘計画を立案し実行することが必要となり、それが採鉱課の仕事の醍醐味でもあります。
採掘計画には、岩盤状態や通気などの坑内環境はもちろん、必要な重機、人員の調整などを考慮することが重要です。限られたリソースの中で、計画通りにアプローチ坑道を掘削できるのか。そして順調に鉱石を掘り出すことができるのか。いつも心配事が尽きませんが、計画していた採掘する鉱石の質と量を確保できたときには、大きな達成感があります。

仕事をする上で大切にしていることは、現場を自分の目で見ることです。データや数字だけで判断するのではなく、坑内の状況を現場巡視により確認しています。ペルー人スタッフと現場を見ながら話し合うことで認識のズレを減らすことができると思っています。
また、採鉱課として、鉱石を選鉱場に安定的に供給するためには、中長期的な視点で計画することが重要です。ペルー人スタッフは、“目の前の鉱石”を掘ることだけを重視しがちですが、数年後の採掘を見越した準備を同時に実施していくことも必要です。その視点を共有するのは考え方の違いや言語の壁もあり苦労していますが、お互いに納得できるまでコミュニケーションを取り続けることが大事だと考えています。

私は、サンタルイサ社では採掘計画の立案から操業管理まで一任されており、裁量権の大きさを感じています。日々の職務においては、発想や思考パターンの違うペルー人スタッフに自分の考えを伝えるため、スペイン語を駆使した口頭での説明に加え、グラフや図面を用いて定量的に説明し、課題解決しています。
現地ではペルー人スタッフと日本人スタッフの関係がとても良好で、私の意見に耳を傾け反映してくれる点は非常に働きやすいです。今の経験を活かし、これからは新規鉱山を立ち上げる仕事にもぜひ携わりたいです。

キャリアパス

入社1年目
神岡鉱業 鉱山部(実習)
現場作業長と共に坑内を巡視し、実際の採掘の主作業(穿孔、発破、運搬、支保)や採掘の準備作業について学んだ。
入社3年目
神岡鉱業 鉱山部
地下利用施設の空洞掘削工事の施工管理および環境、安全衛生管理を担当した。資材準備や人員配置を考えた経験が、後のペルーでの採鉱操業管理につながった。
入社7年目
ペルー・サンタルイサ鉱業 鉱山技術室 採鉱担当
コロナ禍によるリモートワーク中は操業データの解析に力を入れた。休日はリマでペルー人とスポーツを楽しんでいる。

サンタルイサ鉱業株式会社 鉱山技術室 選鉱担当

2018年⼊社 創造理工学研究科 地球・環境資源理工学専攻

⼊社の理由

大学時代に鉱山の廃水処理技術について研究しており鉱山操業に興味があった。三井金属はペルーに議決権ベースで権益100%のワンサラ鉱山を保有しており、操業改善に携わりやすい環境が魅力だった。

現在の仕事

ペルー・ワンサラ鉱山の選鉱場にて工程改善を行っている。具体的には、操業データを解析し金属の回収率が向上するための最適な工程条件を探して、現場に反映している。

私が担当するのは、ペルー・ワンサラ鉱山とパルカ鉱山で採掘した鉱石から、鉱山現場で金属(銅・鉛・亜鉛・銀)が含有されている部分を濃縮して精鉱を作る「選鉱」業務です。鉱石には、金属が入っていない部分も多いので、そのまま日本に運んでくると物流をはじめコストが膨大にかかります。そこで、選鉱工程により不要分を取り除き金属を濃縮し鉱山の経済性を向上させます。
物理・化学の知識をベースに分離技術を使い、操業・ラボ試験データを解析して得た最も効率的な工程条件を現場に反映させることが私の役割です。ペルー人課長や現地メンバーとのコミュニケーションが仕事の肝だと感じています。

金属の回収率を上げたときの改善例として、選鉱場で鉱石を処理する水のpHの制御があります。24時間モニタリングされたデータを確認すると、求める基準値に収まっていないことがありました。そこで、現場へ基準に収まるよう指示したのですが、実行に移してもらえませんでした。
そのとき、協働して改善を進めていくペルー人スタッフに、なぜその値に制御することが大切なのか、操業に与える影響をコストメリットと合わせて論理的に説明しなければならないと気付きました。そこで、「実験の結果、これくらいのpHの数値になると、これだけのいい回収率が出ています」とグラフを使って示し、相手に理解しやすく説明した結果、ペルー人スタッフが理解して協力してくれるようになり金属の回収率を向上させることができました。このときの経験から相手が納得するように指示することを心掛けています。ちなみに、ペルーでは英語があまり通じず、スペイン語でコミュニケーションを取る必要があります。

現在コロナ禍で日本に一時退避中のため日本・ペルー間はオンラインで職務のやりとりをしていますが、遠隔でもスムーズに仕事ができているのは、これまで先輩たちが仕事をしやすい環境を作ってくれたおかげです。例えば、現地の操業データをリアルタイムで把握できるのは、先輩たちがそのシステムを構築してくれたからです。ペルー人スタッフとスムーズに会議ができるのは、長い時間をかけて信頼関係を構築してきてくれたからだと感じています。「日本人スタッフの言うことを聞こう」という土台があり、私も安心して指示・提案ができます。

若手の自分に「まずはやってみなさい」と任せてくれる上司や先輩にも恵まれ、日々成長しています。入社前に感じた社員の方の人あたりの良さは、大きな仕事をチームで達成するからだからかと、仕事をしながら再度実感しています。
これからも、選鉱という仕事を通じて、日本の製錬所に安定的に精鉱を供給していきたい。そして、環境にも配慮した持続可能な鉱山操業を担うのが大きな目標です。

キャリアパス

⼊社1年⽬
三井串木野鉱山 赤石鉱山
採鉱課(実習)
神岡鉱業鉱山部での現場実習を経て、赤石鉱山では露天掘り鉱山での現場実習を行った。
入社1年目(11月~1月)
ペルー語学学校 スペイン語研修
3か月間、ペルーの語学学校に通い、スペイン語とともにペルーの文化と歴史も学んだ。
入社2年目
ペルー・サンタルイサ鉱業
鉱山技術室 選鉱担当
2年目にして海外赴任した。即戦力として働かなければならない環境に置かれ、成長している実感も大きい。

資源系技術職の活躍の場

鉱山の操業をはじめとして、地熱事業、資源開発コンサルタント、地下利用事業、休廃止鉱山管理といった様々な現場において資源技術者としての経験やスキルを習得し、成長できる

銅・鉛・亜鉛・銀鉱山操業 サンタルイサ鉱業(ペルー共和国)

  • 坑内掘りにより採掘した鉱石から、亜鉛、鉛、銅の各精鉱を生産し、日本をはじめとする製錬所に販売している。
  • 探査、採鉱、選鉱、環境、安全衛生、地域への貢献など鉱山に必要とされる技術を一通り経験できる。加えて、スペイン語を習得できる。
  • 【写真:ワンサラ鉱山選鉱場】

地下利用事業 神岡鉱業

  • 大規模採掘を終えた神岡鉱山の強固な岩盤を利用しスーパーカミオカンデなど地下の特性を必要としているお客様へ地下空間を提供している。
  • 探査、採鉱、環境、安全衛生などを経験できる。
  • 【写真:地下空洞開削】

金鉱山操業 三井串木野鉱山 赤石鉱山

  • 含金珪酸鉱を露天掘りにより採掘し、銅製錬所に販売している。
  • 金鉱床探査、露天掘り採掘、破砕設備メンテナンスなどを経験できる。
  • 【写真:赤石鉱山全景】

地熱蒸気販売事業 奥会津地熱

  • 再生可能エネルギーである地熱発電のために地熱蒸気を電力会社に販売している。 
  • 地熱蒸気の挙動を予測・検証することで探査技術を磨き、生産管理、設備管理なども経験できる。
  • 【写真:噴気試験中】

資源開発コンサルタント業 三井金属資源開発

  • 国内外のお客様からの要望に応じ、非鉄資源開発、地熱資源開発、岩盤評価、土壌・地下水の環境調査についてコンサルティングを行っている。
  • 鉱山開発、地熱開発、水資源開発、環境管理を経験できる。
  • 【写真:地質調査(地表踏査)】