ページタイトル

研究開発

たゆまぬ研究で革新の製品を開発

コーポレートラボとして、基礎評価研究所は分析・評価技術に特化した全社のものづくりと製品開発を支え、また総合研究所は、将来の事業の中核となる新商品・新技術を生み出す研究開発の中心組織としての役目を担っています。
三井金属アクト(株)につきましては、「横浜本牧センター」(神奈川県横浜市)および「韮崎テクニカルセンター」(山梨県韮崎市)がその役割を担います。
そして資源事業部では、当社のコア事業のひとつである製錬事業の安定的・持続的発展のため、戦略的に探鉱を進めてまいります。
このように性格の異なる4つの研究開発体制により、自走する事業本部をサポートし、新しい商品の継続的な探索を目指しています。

個人情報保護とCookieの使用について

このサイトは閲覧者の利便性向上のためクッキーを使用しています。このサイトを続けてご覧いただく場合は、当社のcookie利用にご同意いただいているものとみなします。cookieの使用について、cookie利用の拒否についての設定はこちらのリンクから詳細をご覧ください。詳しく見る

同意する