ページタイトル

数字で見る三井金属

事業別売上構成(2018年3月期)

  • 売上高

    売上高グラフ

  • 実力損益(経常損益から在庫要因除く)

    実力損益グラフ

主要トップシェア商品(2017年 当社調べ)

  • 半導体パッケージ基板向け極薄銅箔

    精密回路の配線材料に用いられる電解銅箔。スマホの小型化に欠かせない存在です。

    90
  • 二輪用触媒

    大気汚染の原因となる有害物質を無害化しクリーンな社会に貢献しています。近年は4輪用触媒にも力を入れています。

    60
  • MLCC用銅粉

    積層セラミックコンデンサーの進化を素材で支え、エレクトロニクス社会の進化に貢献しています。

    35
  • ガラス基板用酸化セリウム系研摩材

    液晶ガラス基板等の高性能ガラスには欠かせない精密研摩材として広く使用されています。

    40
  • ハイブリッド車用電池材料(水素吸蔵合金)

    電池材料を通してハイブリッド車の普及、エコな社会に貢献しています。 

    50
  • 液晶ディスプレイ用ITOターゲット材(酸化インジウムスズ)

    液晶テレビ等の透明導電膜形成欠かせない材料です。IGZO用のターゲット材も製造しています。

    40
  • 亜鉛

    近代社会に欠かせない金属、鉄。その鉄に欠かせない金属、亜鉛。亜鉛は社会に欠かせない材料です。

    40
  • 自動車用ドアロック

    自動車の普及に安全という形で貢献して、50年。これからも、見えない所で安全な自動車社会を支えていきます。

    20
  • 拠点

    • 国内主要拠点 12カ所

    • 世界主要拠点 31拠点

  • 歴史

    1874年、三井組による神岡での鉱山経営開始から140年の歴史を重ねています。

    140year

    歴史イメージ

個人情報保護とCookieの使用について

このサイトは閲覧者の利便性向上のためクッキーを使用しています。このサイトを続けてご覧いただく場合は、当社のcookie利用にご同意いただいているものとみなします。cookieの使用について、cookie利用の拒否についての設定はこちらのリンクから詳細をご覧ください。詳しく見る

同意する