ページタイトル

株主還元・配当

配当政策

当社は、将来の事業展開と経営体質強化のために必要な内部留保を確保しつつ、業績に応じた適正な利益配分を行うことを基本方針としております。

内部留保資金につきましては、経営環境が激変する中で、これまで以上にコスト競争力を高めるとともに、市場ニーズに応える研究開発・生産体制を強化し、グローバル戦略の展開を図るために有効な投資を実行してまいります。また、財務体質の改善を図り、有利子負債の圧縮に努めてまいります。

また、次期以降の余剰金の配当につきましては、上記の基本方針に加え、連結配当性向20%を目処に利益を還元する一方、継続的かつ安定的な配当を行うことを重視し、DOE(連結株主資本配当率)2.5%を目処に配当を行うことを目標としております。
なお、今後につきましては、経営基盤の強化と財務体質の改善の進捗に応じて、株主還元方針の見直しを行ってまいります。

配当金の推移

(1株当たり)

2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期
(予定)
2021年3月期
(予定)
期末配当 70円 70円 70円 70円 未定

※2017年10月1日付で当社普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しております。これに伴い、上記表は、2015年3月期に当該株式併合が行われたと仮定し、配当金の推移を表記しております。

株主優待

当社は、業績のさらなる向上に努めることが、株主の皆さまに対する最大の還元策であると考えており、株主優待を実施する意向はございません。

個人情報保護とCookieの使用について

このサイトは閲覧者の利便性向上のためクッキーを使用しています。このサイトを続けてご覧いただく場合は、当社のcookie利用にご同意いただいているものとみなします。cookieの使用について、cookie利用の拒否についての設定はこちらのリンクから詳細をご覧ください。詳しく見る

同意する