ページタイトル

生物多様性

生物多様性保全の取組み

三井金属グループは、生物多様性保全への対応を、サステナブルな社会の構築のために取り組むべき重要な課題の一つと捉えています。当社グループは「環境基本方針」に従い、生物多様性への影響を最小限に抑えるよう、環境負荷の低減に努めています。また、拠点所在地域の状況に応じてステークホルダーとの連携も進めています。

 環境負荷の低減
・事業所近隣、生物多様性の価値がある所在地の把握
・工場新設や設備導入の際の環境評価
・必要な自主基準を設けて排水・排気を管理と有害物質・廃棄物
排出を削減
・GHG排出の削減
・環境貢献製品制度の導入

生物生息環境の保全、
景観づくり

・休廃坑跡地の植栽活動
・採掘後の採石場や砕石所の植林活動
・各事業所内および近隣地域での緑化推進

ステークホルダーとの
連携

・ワンサラ鉱山・パルカ鉱山での取組み(ペルー)
・公共団体による植林活動への寄付(中国)
・事業所近隣漁業組合と稚魚の放流(国内)



ワンサラ鉱山・パルカ鉱山での取組み

三井金属グループのサンタルイサ鉱業は、ペルーの中部に位置するワンサラ鉱山を1968年より操業しています。鉱山操業開始当時の周辺インフラの整備から始まり、その豊かな自然環境を守ることに努めてきました。
ワンサラ鉱山・パルカ鉱山の周辺地域には標高3,000mを越える高地特有の動植物群が存在しています。両鉱山は坑内採掘鉱山であるため、露天採掘鉱山に比べ、地表面に与える影響は限定的ですが、開発・操業に伴う影響を最小化するため、酸性水の適切な処理、環境ベースライン調査や生物生息調査を行なっています。2019年より集積場の規模拡張工事に伴う湿地植物群(Bofedal)の移植を、専門家や関係省庁と連携の上実施し、完了しました。また、2018年からは地域住民に対し動植物保護パンフレットを配布し、生物多様性保全への取組みに関する情報を提供しています。

生物多様性の画像
植物の移植作業が完了しました (ワンサラ鉱山)

鉱山事業

個人情報保護とCookieの使用について

このサイトは閲覧者の利便性向上のためクッキーを使用しています。このサイトを続けてご覧いただく場合は、当社のcookie利用にご同意いただいているものとみなします。cookieの使用について、cookie利用の拒否についての設定はこちらのリンクから詳細をご覧ください。詳しく見る

同意する