ページタイトル

安全衛生

安全衛生基本方針

三井金属グループは労働安全衛生を守ることは事業継続のためには不可欠であるとの認識を共有し、安全衛生方針に基づき安全で働きやすい職場環境づくりに取り組んでいます。

安全衛生基本方針

[理念]

三井金属グループで働くすべての人々の安全と健康の確保が、事業活動を行なう上で最も重要である
との認識のもと、安全で働きやすい職場環境を作り上げる。

[方針]

  1. 安全衛生法規等を遵守するとともに、必要な自主基準を設け、安全衛生管理レベルの向上に努める。
  2. 安全衛生活動を推進するため、三井金属グループの各所社において、組織および体制の整備をはかる。
  3. 事業活動の全ての領域における危険又は有害要因を特定・評価し、その除去または低減に努める。
  4. 安全衛生の向上に関する新たな手法、技術の導入に努める。
  5. 安全と健康の確保は、良好なコミュニケーションのもとに実現されるとの認識に立ち、
    三井金属グループで働くすべての人々との意思疎通をはかる。
  6. 定期的な監査を実施し、安全衛生管理システムの継続的な改善をはかる。
  7. 三井金属グループで働くすべての人々に対し、安全衛生に関する教育・啓蒙等を通じて、
    安全と健康の確保の重要性を認識させ、意識の向上をはかる。

この基本方針は、三井金属グループの全世界の各所社に適用する。

環境および安全の管理体制

三井金属グループでは、安全と環境にかかわる最重要事項を審議・決定する場として、「安全環境最高会議」を設置しています。
環境および安全衛生最高責任者を議長、各事業ラインの長をメンバーとする本会議において決定された方針や行動計画は、環境および安全担当役員の指揮のもと、環境安全統轄責任者(保安環境部長)によって三井金属グループ各拠点への展開が図られます。各拠点では、拠点長が環境安全管理責任者として決定事項を確実に遂行します。

環境および安全の管理体制の画像

安全衛生マネジメントシステム

三井金属グル―プの主要拠点では労働安全衛生マネジメントシステム「OHSAS18001」を取得済みで、現在はISO45001へ順次切り替えを進めています。小規模の拠点については社内認証システムを構築しています。各拠点ではマネジメントシステムに従い、PDCAサイクルを通して実行性のある活動を推進しています。
また、製造現場におけるマネジメントシステムの運用状況を確認するために、国内外の拠点で社内安全監査を実施し、法令順守の確認や製造現場における危険箇所の指摘および改善のフォローアップを行っています。

労使共同での取組み

各拠点では労働安全衛生法に基づき、労使による安全衛生委員会を開催し、労働災害および健康障害の防止に関する施策の審議を行なっています。
また、全社方針および各拠点における安全衛生に関する情報を全社として共有することなどを目的として、年に一回中央安全衛生委員会を開催しています。中央安全衛生委員会には環境および安全衛生最高責任者、各拠点の労働安全衛生の責任者、三井金属鉱業労働組合連合傘下にある労働組合の安全担当役員が出席します。
三井金属鉱業労働組合連合とは「安全衛生に関する協定」を締結しており、本協定に基づいて労働安全衛生に関する施策を実施しています。

社内安全監査の実施

各事業部門の安全担当責任者と保安環境部から成るチームで各事業拠点の安全監査を実施しています。
前回監査指摘事項の対応状況、安全衛生マネジメントプログラムの遂行状況、設備の本質安全化の状況、化学物質に関するリスクアセスメントの評価や教育実施状況などを確認した後、ラインごとに現場監査を実施します。監査結果は、拠点の管理職全員と即日共有を図ります。

安全衛生に関するトレーニング

三井金属グル―プの各製造拠点では従業員の安全意識を高めるためにKY(危険予知)活動、危険体感トレーニングを通して従業員の安全意識を高めています。
また、各職場で安全に関するコミュニケーションを図る一方で、安全確保のための教育や訓練の実施や安全コンプライアンス活動の徹底を図っています。

安全衛生に関するトレーニングの画像
安全衛生に関するトレーニングの画像

安全衛生重点社長方針

毎年の安全衛生成績、災害の発生状況を分析し、速やかに、かつ重点的に採るべき次の対策として、「安全衛生重点社長方針」も定めています。

平成31年 安全衛生重点社長方針(*)

  1. 【予防管理】
    他拠点の災害対策の水平展開をはかり、類似災害の発生を未然に防止し、予防管理を行う。
  2. 【設備の本質安全化】
    リスクアセスメントの考え方に沿って設備の本質安全化を実施する。
  3. 【安全コンプライアンス活動】
    ルール違反による災害撲滅のために安全コンプライアンス活動の徹底を継続する。
  4. 【危険感受性】
    三井金属グループで働くすべての人々に対し危険感受性の重要性を認識させ、そのレベル向上をはかる。

以上の方針を踏まえ、各事業本部、関係会社においては、事業本部、各所社の実態に則した安全衛生基本目標及び、安全衛生重点行動計画を作成・遂行し、ゼロ災害を達成する。
(*) 2018年1月から9月末までの災害実績の分析を踏まえて10月に制定・周知したもの。

統合報告書 安全衛生[PDF:1.05MB]

健康経営

基本的な考え方

三井金属グループは、価値ある商品によって社会に貢献し続けることを目指しています。この目標を達成するためには、働くすべての従業員が心身ともに健康であり、その個性・能力が最大限に発揮できるように働く環境を整えていく必要があると考えています。また、従業員の健康維持・増進活動に取り組むことを通じて、さらに活力のある会社づくりを推し進めていきます。

推進体制

三井金属グループにおける従業員の健康維持・増進活動の取り組みについては、本社総務部、グループ各拠点の総務人事部門、及び医療職との連携体制を整備・構築しながら推進しており、統一感のある活動を目指しています。

具体的な取り組み

各拠点の従業員に関する健康情報の一元化や取り扱いの標準化に取り組むとともに、従業員一人ひとりのヘルスリテラシーの向上を目的として、各階層への教育や社内報・ウェブサイト・産業医の講話などによる啓発を実施し、各種のエクササイズイベントで生活習慣の改善を図っています。

メンタルヘルスについては、労働安全衛生法に基づきストレスチェックを実施しており、2019年度の高ストレス者比率は14.7%、例年とほぼ同レベルとなっています。ストレスチェックについては従業員のセルフケアに活かすだけではなく、組織分析の結果から各部門の強みや弱みを具体的に把握し、職場環境の改善につなげる取り組みを行っています。

ヘルスリテラシーの発信の画像

健康に配慮した食事を体感するランチョンセミナー

ヘルスリテラシーの発信の画像

ストレスチェック組織分析研修

Get Adobe Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードして下さい。

個人情報保護とCookieの使用について

このサイトは閲覧者の利便性向上のためクッキーを使用しています。このサイトを続けてご覧いただく場合は、当社のcookie利用にご同意いただいているものとみなします。cookieの使用について、cookie利用の拒否についての設定はこちらのリンクから詳細をご覧ください。詳しく見る

同意する