ページタイトル

鉱山事業

鉱山事業の概要

三井金属は、1874年に三井組が岐阜県神岡地区で鉱山経営を始めたことをルーツとし、以来140年以上にわたって鉱山事業を行っています。南米のペルー共和国ではサンタルイサ鉱業が1968年より自社開発の鉱山としてワンサラ鉱山の操業を行っており、50年以上の操業実績を有しています。加えて、2006年にワンサラ鉱山の支山としてパルカ鉱山を開山し、現在は2つの鉱山を操業しています。
日本各地でも鉱山の開発、操業を行ってきましたが、鉱量の枯渇等の理由により、鉱山のほとんどが既に休廃止鉱山となっています。

鉱山事業におけるサステナビリティの取組み(サステナビリティ活動計画)

鉱山事業は周辺環境や地域コミュニティに与える影響がとくに大きいと認識しています。この認識のもと、鉱山事業に係る環境・社会課題を特定し、重点的に取組みを進めていきます。

2020年度に新たに「鉱山事業におけるサステナビリティ活動計画」を策定しました。当社のマテリアリティに基づき、ICMMの基本原則やSASBなどにおいて指摘されている鉱山事業のリスクを各鉱山事業所で洗い出し、取組みを項目として集約しました。鉱山事業のマネジメントでは本計画に示すKPIを達成するために、年度ごとに進捗管理を行っていきます。

項目 コミットメント 関連するSDGs 目標(KPI) 計画(2021)
鉱山事業のマネジメント(ESGリスク管理の
仕組み)
マテリアリティ項目の適切なマネジメントにより、鉱山事業特有のESGリスクを低減
G3,G4,G6,G7,G8,G9,G12,G13,G15,G16 1. 鉱山事業所(休廃止鉱山含む)において「鉱山事業におけるサステナビリティ活動計画」に基づき、マテリアリティに紐づく取組みを実施

2. 資本比率50%超の操業鉱山において鉱山事業の人権・環境リスク調査を実施
121年度の取組み状況の進捗調査、フォローの実施。次年度計画の検証

2. 20年度の調査結果レビューと、是正措置の検討

温室効果ガス排出
1. 集積場周辺へ植林の実施(日本)

2. 露天採掘跡地での植林に向けた土壌づくり(日本)
G13,G15  
1. 
- 赤石鉱山にて2023年までに1,000㎡に植林を実施
- 赤石鉱山にて2025年までに累計2,000㎡に植林を実施

2.神岡鉱山の露天採掘跡地での植林に向けた土壌整備の施策を実施
1. 植林計画の作成

2. 客土・植栽を継続実施
エネルギー管理
再生可能エネルギー導入の検討(日本)
G7,G13
水力発電所の新規建設に向けた調査の完了
坑内水力発電の可能性調査開始
水の管理
1. 酸性水
酸性水の発生量削減(ペルー)

2. 水リサイクル
- 水リサイクル率の向上(ペルー)

- 坑内水のリサイクル利用推進(日本)

3. 休廃止鉱山
休廃鉱山の環境リスクの適切な管理(日本

G6,G15
1. 地表水浸透防止対策の実施

2. 
- 水
リサイクル率改善計画の策定

- 工水不足80%改善、排水負荷27%軽減

3.環境事故ゼロ

1.総合的地表調査の準備

2.
- 水利用量と排水量の把握に向けた計画の立案

- 濁水処理計画としての坑内沈砂池(4000t)の工事実施

3.
- 遠隔モニターの設置

- 老朽化設備更新、設備改善設計
- 坑内水位の確認とレベル維持

廃棄物と有害物質の管理
1. 廃棄物
廃棄物削減計画の実行(ペルー)

2. 鉱さい集積場
鉱さい集積場の管理を強化し、リスクを最小化(ペルー/日本)

G6,G12,G15 1. 発生廃棄物の解析に基づき、削減計画を作成・実行

2.
- 安定性モニタリングシステムの強化と運用

- 事故シミュレーションの完了

- 新耐震基準(700gal)への対応完了
- 管理集積場のリスク最小化計画の立案
1. 廃棄物分類、数量の把握

2.
- 現状のモニタリングシステムの評価
- 対応計画の立案


- 集積場の耐震調査の新基準(700gal)への耐震解析の完了
- 王ノ山集積場の耐震工事完了

生物多様性への影響
統合報告書 三井金属グループ サステナビリティへの取組み 08 生物多様性への影響
安全衛生
粉塵対策の強化(日本)
G3 溶接ヒューム用の集塵機の設置 集塵機1台設置
人権 人権方針に沿った警備体制の構築(ペルー)
G17 人権方針に沿った警備体制の構築に向けた施策の実施
警備会社との契約内容の検討
地域コミュニティへの貢献 コミュニティとのエンゲージメントに基づく活動を実施し、インパクトを把握(ペルー)
G3,G4,G7,G8,G9 地域コミュニティへのインパクトの把握
活動実績の把握、注力すべき活動の検討開始

操業鉱山の管理

ワンサラ鉱山は、標高約4,000mのアンデス山脈の山中に位置します。1968年の開山以来、半世紀に渡って亜鉛、鉛、銅の精鉱を生産し、金属資源の安定供給に貢献しています。
ペルー共和国では、1993年4月に環境法が公布され、既存の操業鉱山に対する義務としてPAMA(環境対策プログラム:Programa de Adecuación y Manejo Ambiental)が規定されました。ワンサラ鉱山では、1996年にペルー第一号となるPAMAを提出し、翌1997年に認可を取得、2002年にPAMAに基づいた環境対策を完了させ、操業による周辺環境への影響を最小化しています。また、2008年にはISO14001とOHSAS18001の認証を取得し、ISO14001:2004の2015版への移行、ISO45001:2018の認証取得も完了しています。

PAMAに規定する項目

  1. 坑内酸性水処理
  2. 排水リサイクル
  3. 集積場安定化調査
  4. 選鉱場破砕工程集塵設備の整備
  5. 生活排水・廃棄物の処理
  6. コンタイコチャ湖再生
  7. 汚染土壌処理

コンタイコチャ写真

コンタイコチャ湖はワンサラ鉱山の下流に位置する湖で、以前は鉱山が排出した酸性水により生物が住めなくなっていました。サンタルイサ鉱業は酸性水処理による水質の改善に加え、堤防の嵩上げによる酸性沈殿物の水封や覆土植栽、緑化といった環境復元に取組み、現在は川鱒や水鳥の住む水辺環境が再生されています。

閉山計画

鉱物資源は限りある資源であり、採掘終了後の環境対策は周辺環境維持のために不可欠です。しかしながら、歴史的に多くの鉱山が採掘後に放棄され、周辺の環境に負荷を与えてきました。このためペルー共和国では、2003年10月に鉱山閉山法が公布され、操業鉱山および鉱山開発プロジェクトは事業終了後の閉山計画の提出と、計画に基づく閉山費用の積立が義務付けられました。ワンサラ鉱山ではこの閉山法の運用開始に先立ち、2004年に自主的に閉山事前調査を実施するとともに、事前調査で指摘された閉山対策工事を前倒しで実施しました。工事の内容は、酸性水発生の原因となる酸性ズリの撤去、地表水侵入経路の閉鎖、坑内排水の清濁分離、廃石堆積場の覆土植栽などです。パルカ鉱山においても閉山計画の立案を行い、2009年にワンサラ鉱山、パルカ鉱山の双方で閉山計画の政府認可を取得し、閉山費用の保証を実施しています。

覆土植栽実施前(2007年6月3日)
実施後(2019年11月21日)

ワンサラ鉱山とパルカ鉱山で閉山工事の前倒し実施に取り組んでいます。ワンサラ鉱山では、過去の操業で発生した酸性ズリの撤去と覆土植栽を進めています。
左:覆土植栽実施前(2007年6月3日) 右:実施後(2019年11月21日)

休廃止鉱山の管理

採掘を休止・中止した休廃止鉱山においても、鉱山保安法及び環境関係法令に従い、周辺環境の維持のための管理を継続して行っています。特に、鉱石の採掘に伴って発生した鉱さいや、金属成分を含む岩石が雨水と触れることにより、重金属を含む酸性水が発生しないように、管理対象地の定期的な巡視・点検や、周辺水質のモニタリング、坑廃水処理設備を設置した水質浄化等、様々な鉱害防止対策を実施しています。

旧廃止鉱山の管理の図

旧廃止鉱山の巡視の写真

採掘を終了した休廃止鉱山でも、定期的に巡視・点検を行い、地形の陥没等で人が転落する危険がないか安全性の確認を行います。

水の管理

ワンサラ鉱山では黄鉄鉱を多く含む地質条件から、坑内で酸性水が発生します。サンタルイサ鉱業では、日本での鉱害防止技術を応用し、1998年にペルーで第一号となる鉱山付属排水中和プラントを建設いたしました。その後も中和沈殿槽増設、石灰添加ポンプ改良、空気撹拌ブロワーの大型化など改善を重ね、現在も安定して酸性水の中和処理を行っています。
鉱山からの排水は24時間体制でモニタリングを行い、常に環境基準値以内のpHで河川に放流しています。加えて、3日ごとに自主的な採水分析を実施し、排水中の重金属の濃度を確認しています。また、ワンサラ鉱山の周辺では、関連法規に従って14箇所で毎月1回の採水を行い、水質を検査しています。
さらに、ワンサラ鉱山の選鉱場では水リサイクルによる再生水の利用を進めており、水使用量の削減にも努めています。

ワンサラ鉱山付属排水中和プラントの写真

ワンサラ鉱山付属排水中和プラント。中和処理を行い、環境基準値以内のpHとなった上澄水は川に放流し、沈殿物は集積場に送っています。処理能力は18m3/minとなっています。

鉱さい集積場の管理

鉱石から有用な鉱物を抽出する工程において、鉱さいと呼ばれるスラリー状の廃棄物が発生します。この鉱さいを管理・保管するための施設を鉱さい集積場(テーリングダム)と呼びます。昨今、ブラジル連邦共和国やカナダで決壊事故が相次ぎ、大きな環境問題・社会問題となっています。三井金属グループでは集積場の管理を鉱山事業の重要なリスクの一つと位置づけ、所在国の技術指針、マニュアル等に則って管理しています。

日本

日本国内では、2011年の東日本大震災によっていくつかの集積場で流出事故が発生したことを契機に、経済産業省により2012年に「鉱業上使用する工作物の技術基準を定める省令の技術指針(以下、『技術指針』。)」が改定されました。これは世界的にみて高い地震リスクを有する日本において、集積場の安全を確保するために示された重要な指針であり、三井金属はこの技術指針に沿って管理を行っています。
日本国内で三井金属が管理する13の集積場(下部リスト参照)のうち、特に規模が大きい3つの集積場については、1995年に発生した阪神淡路大震災を契機として、1998年に自主的な安定性解析を行い、将来にわたって考えられる最大級の強さの地震動(レベル2地震)に耐えられることを確認しています。2012年の技術指針の改訂にあわせて、2015年までにこの技術指針の評価対象となる5つの集積場について安定性解析を行い、同じくレベル2地震に対して十分な耐震性を有することを確認しました。さらに、2017年から技術指針の対象とならない5つの集積場についても調査を進め、うち4つの集積場について耐震性を確認しました。残り1つの集積場について2019年度の調査で不適合と判明したため、2021年度に対策工事を完了しました。

集積場の安定性解析の写真

集積場の安定性解析では、堤体への浸透水の影響を調べるために、観測井を掘削して地下水レベルの測定を行います。

ペルー共和国

ペルー共和国では、エネルギー鉱山省が管理方針およびマニュアルを規定しており、これに基づいて集積場の設計、管理、安定性評価を行っています。ペルー共和国は日本と同じく地震リスクの高い国ですが、これまでに実施した安定性評価の結果、ワンサラ鉱山の集積場は500年確率で最大規模の地震動が発生した場合でも安定性に問題のないことが確認されています。また、社内技術者が堤体水位のモニタリングを1ヶ月ごとに実施するほか、3ヶ月ごとに外部専門家による堤体水位及び傾斜計測定を行うなど、常に状況をモニタリングし、安全を確保しています。

ワンサラ鉱山のチュスピ集積場の写真

ワンサラ鉱山のチュスピ集積場では、2017年に再度、安定性解析を行い、大規模な地震動にも耐えられることを確認しています。

三井金属が管理する集積場の一覧

集積場名 構造 鉱山 安定性解析の実施時期 状況
1. 和佐保 外盛式 神岡 1998年(自主点検) 使用中
2. 鹿間谷 外盛式 1998年(自主点検) 使用中
3. 増谷 外盛式 1998年(自主点検) 使用中
4. 面草 内盛式 中竜 2017-2019年(自主点検) 休止中
5. 轟谷 内盛式 2012-2015年(技術指針に基づく) 休止中
6. 黒谷 内盛式 2012-2015年(技術指針に基づく) 休止中
7. 野田 内盛式 石見 2012-2015年(技術指針に基づく) 廃止済
8. 畑井 内盛式 2012-2015年(技術指針に基づく) 廃止済
9. 串木野第一 内盛式 串木野 2012-2015年(技術指針に基づく) 休止中
10. 串木野第二 内盛式 2017-2019年(自主点検) 休止中
11. 串木野第三 内盛式 2017-2019年(自主点検) 休止中
12. 荒川 内盛式 2017-2019年(自主点検) 休止中
13. 王ノ山 内盛式 王ノ山 2019年(自主点検。2021年度に耐震工事完了) 休止中
14. チュスピ 外盛式 ワンサラ 2017年(ペルー鉱業法に基づく) 使用中

英国国教会年金委員会およびスウェーデン国立年金基金道徳委員会からの要請に基づき、2019年6月に鉱さい集積場(テーリングダム)に関する情報を開示しました。
Information Concerning Tailings Dam management (英語のみ)

地域コミュニティとの関わり

サンタルイサ鉱業は地域コミュニティとの信頼関係に基づく共存共栄を目指して、地域コミュニティへの継続的援助に努めてきました。ワンサラ鉱山とパルカ鉱山では関連自治体との間で、地域コミュニティを支援することを骨子とした地域援助協定を締結しています。これまでの地域支援は多岐に渡りますが、直接的な地域コミュニティ支援およびインフラ投資を通じた間接的な利益の還元に大別されます。

地域コミュニティ支援

社有水力発電所からの電力無償提供

教育支援
  • 学用品、パソコン、図書の寄贈
  • 職業訓練、就業支援
  • 小学校施設、児童公園の建設
医療支援
  • 診療所建設、医療用機材の寄贈
  • 各種検診/予防接種等の無償実施
  • COVID-19対策として救急車、酸素プラント、消毒液、マスク等の提供
農畜産業支援
  • 家畜の品種改良、種苗の配布
  • 農畜産業の指導
  • 灌漑水路の建設
インフラ投資
道路建設
  • カタック道路(太平洋岸~ワンサラ鉱山)
  • パルカ・チキアン道路(パルカ鉱山~チキアン町)
地域インフラの整備
  • 橋梁、上下水道、役場等の建設
地域住民の居住環境改善
  • 地すべり地帯に住む住民の住居移設
ポクパ村での橋の建設の写真

ポクパ村での橋の建設。インフラ投資では、雇用を創生することで直接的な支援を行うほか、地域経済の活性化による持続的な発展が期待されます。

農畜産業の支援写真

農畜産業の支援は地元産業を活性化する重要な手段です。専門家や獣医による技術支援を行うほか、自社農場で繁殖させた羊、リャマ、牛等を提供するなど、複数の協力を行っています。

ワジャンカ村への救急車の提供。COVID-19対策支援をはじめとする医療支援を行っています。

 生物多様性

統合報告書 鉱山事業[PDF:1.53MB]
ペルー共和国サンタルイサ鉱業のCSR活動

Get Adobe Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードして下さい。

個人情報保護とCookieの使用について

このサイトは閲覧者の利便性向上のためクッキーを使用しています。このサイトを続けてご覧いただく場合は、当社のcookie利用にご同意いただいているものとみなします。cookieの使用について、cookie利用の拒否についての設定はこちらのリンクから詳細をご覧ください。詳しく見る

同意する